ローヤルゼリーとアンチエイチングの関係性

ローヤルゼリーはまだ若い働きバチのメスの喉頭部分から分泌される、乳白色をした栄養食品です。

このローヤルゼリーを食べるのは、主に女王バチやハチの幼虫で、一般の働きバチは食べることはありません。女王バチはこのローヤルゼリーを主食とするおかげで次々と卵を産み、働きバチに比べ40倍以上の長生きをします。

ローヤルゼリーにはさまざまな健康効果がありますが、美容面で言えばアンチエイチング効果が期待できる点です。お肌を若返らせるために必要な必須アミノ酸が含まれていますので、肉体の疲労回復はもちろんのこと、お肌の新陳代謝も促進してくれる効果があります。

細胞の再生を手助けしてくれる成分であるアピシンは、
エイジングケアとしての効果が得られる成分であり、細胞が繁殖する力を高めたり、細胞の寿命を延ばす作用を持っていたりすると言われています。
参考:ローヤルゼリーでアンチエイジング効果を得よう/ローヤルゼリー口コミランキング

そして、ローヤルゼリーにのみ含まれている貴重な成分で、お肌の内側の活性酸素を除去してくれる抗酸化作用効果もありますし、類パチロンという成分もローヤルゼリーには入っていますが、骨や筋肉・内臓などの働きを助けてくれ、加齢とともに失われていくパチロンの代わりとして、内側からのアンチエイチング効果も期待できます。

Leave a response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です